YouTube Liveが一般開放

インターネットのライブイベントと言うとUSTREAMでした。
今はYouTube Liveです。
以前は、いくつかの条件をクリアしているYouTubeパートナー登録をしているユーザーしかYouTube Liveを利用できませんでしたが。
今では、全てのユーザーがYouTube Liveを使えるようになりました。
ただし、アカウントの利用状況が良好な方だけです。
例えば、著作権に違反している動画や、規約に反している反社会的な動画や他人を攻撃する動画などを公開していると利用できないかもしれません。
今までライブカメラなど生放送をしようと思うと、様々な障害がありましたが。
YouTube Liveを利用する事で簡単に生中継できるようになります。
例えば最近のノートパソコンやタブレットはカメラとインターネットが標準装備されているので、これらの端末を利用する事で簡単に生中継をする事ができます。

スポンサードリンク


スポンサードリンク

サイト内関連記事

多種多様なWebカメラ
現在、非常に多くのWebカメラが製品化されています。 もっとも安い1000円以下......
配信に必要なモノ
多種多様なWebカメラが販売されているので機種によって設定方法が異なりますが。 ......
Webカメラとtwitterの連携
twitterが流行りだしたのはいつぐらいからでしょうか? twitterが話題......
放送事故
最近はYouTubeの動画を見る事がごく普通の事になりました。 そしてWebカメ......
YouTubeで生放送
生放送と言うと、テレビの特権とも言うべき特別な放送の様な気がしますが。 インター......
iPhoneのフォトストリーム
現在、世界で一番普及しているスマートフォンはApple社のiPhoneです。 ま......
YouTube Liveで生放送
インターネット生放送と言えばUSTREAMですが。 YouTubeもインターネッ......
パソコンいらず
スタンドアローンでパソコンを使用している方には関係ありませんが。 長い間、慣れ親......
WiFi接続のWebカメラ
昔、スマートフォンの元祖とも言うべきシャープのW-ZERO3が販売されていた時、......
テレビ電話
固定電話は昔から「一家に一台」普及しています。 このため現在は固定電話が完全に普......
FLIR FX
「FLIR」と言うとサーモグラフィ大手として有名に企業です。 そんなFLIR社が......
電球ソケットに挿せるWebカメラ
デジタルカメラは日々進歩してますね。 スマートフォンのカメラも同じように進歩して......
サイバー攻撃
現在、Webカメラ、ネットワークカメラ、ライブ・カメラなどと呼ばれているインター......

▲このページのトップへ