サイバー攻撃

現在、Webカメラ、ネットワークカメラ、ライブ・カメラなどと呼ばれているインターネットに接続したカメラは至る所に存在します。

スポンサードリンク

しかし、インターネットに接続したカメラ、火災報知器、IP電話、ビルの空調制御システムなどのIoT機器の約15万台がサイバー攻撃のためのウイルスに感染している事が解りました。

ウイルスに感染した機器は悪意を持ったユーザーの「踏み台」として利用されてしまいます。

「踏み台」とは自分自身の居場所を隠すための経由地です。

これにより、サイバー攻撃を受けた被害者が攻撃元を特定し難くなります。

悪意を持ったユーザーは「踏み台」を利用しDDoS攻撃やウイルスの拡散、ハッキングなどを行います。

もしもIoT機器を新しく導入しようとする場合は、最低限度セキュリティの対策としてデフォルトのIDとパスワードは変更しましょう。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

多種多様なWebカメラ
現在、非常に多くのWebカメラが製品化されています。 もっとも安い1000円以下......
配信に必要なモノ
多種多様なWebカメラが販売されているので機種によって設定方法が異なりますが。 ......
Webカメラとtwitterの連携
twitterが流行りだしたのはいつぐらいからでしょうか? twitterが話題......
放送事故
最近はYouTubeの動画を見る事がごく普通の事になりました。 そしてWebカメ......
YouTubeで生放送
生放送と言うと、テレビの特権とも言うべき特別な放送の様な気がしますが。 インター......
iPhoneのフォトストリーム
現在、世界で一番普及しているスマートフォンはApple社のiPhoneです。 ま......
YouTube Liveで生放送
インターネット生放送と言えばUSTREAMですが。 YouTubeもインターネッ......
YouTube Liveが一般開放
インターネットのライブイベントと言うとUSTREAMでした。 今はYouTube......
パソコンいらず
スタンドアローンでパソコンを使用している方には関係ありませんが。 長い間、慣れ親......
WiFi接続のWebカメラ
昔、スマートフォンの元祖とも言うべきシャープのW-ZERO3が販売されていた時、......
テレビ電話
固定電話は昔から「一家に一台」普及しています。 このため現在は固定電話が完全に普......
FLIR FX
「FLIR」と言うとサーモグラフィ大手として有名に企業です。 そんなFLIR社が......
電球ソケットに挿せるWebカメラ
デジタルカメラは日々進歩してますね。 スマートフォンのカメラも同じように進歩して......

▲このページのトップへ